北日本四政経懇話会

北日本四政経懇話会NEWS

となみ政経懇話会

となみ政経懇話会事務局: 北日本新聞社砺波支社内
〒939-1363 砺波市太郎丸2-129 [電話]0763-32-2012 [ファクス]0763-33-1033


次回例会のご案内

【日時】令和4年9月16日(金)正午~
【会場】ロイヤルホテル富山砺波
【演題】未定
【講師】兵頭慎治氏(防衛省防衛研究所政策研究部長)
◆プロフィール
1968年愛媛県生まれ。1994年上智大学大学院国際関係論専攻博士前期課程修了後、防衛庁防衛研究所入所。
96~98年、外務省在ロシア日本大使館政務担当専門調査員。2001~03年内閣官房副長官補付内閣参事官補佐。07年英国王立統合国防安全保障問題研究所(RUSI)客員研究員。09~10年上智大学外国語学部兼任講師。現在、北海道大学スラブ研究センター共同研究員、日本国際問題研究所研究プロジェクト委員、青山学院大学大学院国際政治経済学研究科兼任講師、国際基督教大学(ICU)非常勤講師。ロシア・東欧学会副代表理事、内閣官房国家安全保障局顧問を歴任。2015年より地域研究部長。2020年より現職。「多民族連邦国家ロシアの行方」等、著書・論文多数。

これまでの例会

となみ政経懇話会7月例会

【日時】令和4年7月15日(金)正午~
【会場】TONAMI翔凜館
【講師】小安美和氏(株式会社Will Lab代表取締役、 女性活躍推進アドバイザー)
【演題】「これからの働き方改革  ~ジェンダーギャップ解消に向けて~」

 となみ政経懇話会7月例会は15日、砺波市三島町のTONAMI翔凜館で開かれ、WillLab代表取締役で女性活躍推進アドバイザーの小安美和氏が「これからの働き方改革~ジェンダーギャップ解消に向けて」と題して講演した。人口減少や少子高齢化が進む中、小安氏は「女性の能力をいかに活用できるかが、企業の成長の鍵を握る」と語った。

◇女性の能力 活用が鍵
 ジェンダーギャップという言葉をご存じだろうか。男らしさや女らしさなど、社会的、文化的につくり出された性差によって生まれる不平等や格差のことだ。
 男女間の格差を経済、政治、教育、健康の4分野で数値化した指数が13日に発表された。日本は世界146カ国のうち116位で、先進7カ国(G7)のうち最下位だった。
 日本は中国や韓国より低く、特に経済分野で女性のポジションも賃金も上がらない。富山でも企業や法人における女性の役員、管理職の割合は低いままだ。
 日本で働きたくても働けない女性は約300万人おり、うち約100万人が出産や育児のためと言われている。出産や子育てを機に離職したが元の仕事に戻れず、戻っても能力が発揮できないケースが多い。一方で企業は深刻な人手不足を抱え、2030年までに生産年齢人口は900万人も減少する。
 働き方改革がなぜ必要なのか。長時間労働の削減は当たり前で、女性のライフスタイルに合わせた多様な働き方を提供しないと、優秀な人材が集まらず、企業が生き残れないためだ。女性にも働きやすく、働きがいのある職場をつくる必要がある。
 これまではフルタイムと残業を前提とした「昭和の男の働き方」。この概念を変え、短時間プチ勤務やコロナ禍で進んだテレワークなど、時間と空間を超えた多様な働き方で企業の生産性を向上させ、働き方の「ワークイノベーショーン」を起こしてほしい。

*  RSS FEED

ページトップ